株式会社西武ライオンズ

沿革

1950 西鉄野球株式会社として登記
1951 西鉄ライオンズが誕生
1954 創立5年目で初のリーグ優勝
1956 初の日本一を達成
1978 福岡野球株式会社より株式会社西武ライオンズに商号変更
所沢市をホームとする西武ライオンズが誕生
1979 新本拠地球場の西武ライオンズ球場が誕生
1982 西武ライオンズとして初のリーグ制覇・日本一を達成
1985〜
1988
パ・リーグ4連覇(86年~88年日本シリーズ3連覇)
1990〜
1994
パ・リーグ5連覇(90年~92年日本シリーズ3連覇)
1997 シーズンオフにドーム化工事に着工。既存の野球場にそのまま屋根を架けるという、当時世界で初めての工事
1998 観客席にのみ屋根が付き、名称を「西武ドーム」に変更
提供:鹿島建設
1999 フィールド部分にも屋根がつき、ドーム化工事が終了
提供:鹿島建設
2005 西武ドームの名称を「インボイスSEIBUドーム」に変更(~2006年12月)
2007 コンプライアンスや地域密着型の球団経営の理念などを掲げ、西武ライオンズ憲章を策定
2007 西武ドームの名称を「グッドウィルドーム」に変更(~2008年1月8日)
2008 スコアボードを全面液晶パネル化 全長約50m当時国内最大級の全面フリーボードにリニューアル
愛称は「Lビジョン」に
2008 2008年1月1日にチーム名を「埼玉西武ライオンズ」に変更し、西武グループ内の野球事業を当社に集約
2008 埼玉西武元年に4年ぶり16度目のリーグ優勝
巨人を4勝3敗で破り10度目の日本シリーズ制覇
2015 西武ドームの名称を「西武プリンスドーム」に変更(~2017年2月)
2015 初の連携協力に関する基本協定(フレンドリーシティ)を所沢市、飯能市、狭山市、入間市、日高市と締結
2017 西武ドームの名称を「メットライフドーム」に変更(~2022年2月)
2017 西武ライオンズ40周年記念事業として、ドームエリアの大規模な改修計画を発表。改修工事着工
2018 40周年シーズンに10年ぶりのリーグ優勝
2019 最大8.5ゲーム差をひっくり返し、リーグ2連覇
2019 若獅子寮、ライオンズトレーニングセンター、ライオンズ チームストア フラッグス 完成
2020 内野指定席約16500席など、球場の座席や照明を大改修
グリーンフォレスト デリ&カフェ CAR3219フィールド(西武第二球場)など完成
2020 自主興行イベント 「ももクロ・ライオンZ EXPO 2020」 開催
2021 バックネット裏のラウンジとしては12球団最大の「アメリカン・エキスプレス プレミアム® ラウンジ」などが完成
3年以上にわたるドームエリアの大規模な改修が完了
2022 西武ドームの名称を「ベルーナドーム」に変更